« ミュゼの口コミを聞いたら、やっぱり行きたくなった | ホーム

2014年1月20日

肌の手入れやをはじめとして、日ごろ思っていることをつづってみました

全ての女性にとって、美容とは、ヘア、和服時の結髪、化粧、服飾などで変化を持たせ、容姿や外見を今現在より美しくするために形づくることを指すのです。江戸時代には化粧と同義のものとして使われていたようでもあります。
メイクアップのデメリットを考えたことはありますか?

涙が出る時に修羅そっくりの恐ろしい顔になってしまうこともあるのです。わずかに多くなると下品になってしまい地雷を踏むの。顔立ちをごまかすのにも骨が折れます。アイメイクの崩れは、自分で後から確認すると穴があったら入りたい気分になるほど、落ち込みます。

私たちが、美肌のことを語る時、よく耳にするピーリングは、
「老化してしまった要らない皮膚をピール(peel:皮をはぐの意味)し続けることで、生成されたばかりのきれいな皮膚(角質層)に入れ替えて、ターンオーバーを正常化する」
という人気の美容法なのです。

実際、無意識の内にPCやスマホの画面に見入ってしまって、眉間にシワを寄せて、さらに口角を下げたへの字ぐち(余談ですが私はこの形を「富士山口」と呼ぶこともあります)になっているのではないでしょうか?これは意識する市内に関わらず、お肌にとって最悪です。

白く輝かしい歯を維持するためには、奥歯の裏側まで念入りにみがくことを大切に。キメの細かい泡とソフトなブラシを選んで、ゆったりケアをしましょう(^ ^)

貴方には、自分の内臓は何の問題もないと断言できるほどの自信があるのでしょうか?

「なかなか痩せない」
「綺麗な肌になりたい」
などの美容の悩みにも、意外なようですが内臓の機能が関係しているのです!

我々が「デトックス」にのめりこむ理由の一つとして考えられるのは、日本人が暮らしている環境が汚染されていることにあるのです。空気や土壌は汚染され、食べものには化学肥料や農薬がたっぷりかかっていると喧伝されています。

夏真っ盛り、紫外線を浴びたときに極力ダメージを抑える方法は3つ。

1.日焼けした場所を水で冷やす
2.たくさんローションをはたいてしっかり保湿
3.シミにならないように剥がれてきた表皮をむいてはいけない

何はともあれ、乾燥肌が日常の暮らしや周辺環境に深く起因しているのなら、普段の身のまわりの癖に配慮するだけで大部分の肌の問題は解決するでしょう。洗濯物を干すときに、日焼け止めの帽子をかぶるとか、ちょっとした外出でも必ず日焼け止めクリームを塗るとか!

全身に分布しているリンパ管に並ぶようにして走る血行が鈍化すると、重要な栄養や酸素がうまく配られず、結果として余分な脂肪を固着させる素因となります。

 敏感肌や乾燥肌による掻痒感の誘因のほとんどは、年齢を重ねることに縁る角質層の細胞間脂質と皮脂の量の減衰です。さらにせっけんなどの頻繁な洗浄による、皮ふのバリア機能の消滅によって引き起こされるのです。

ネイルケアという美容法は爪をより健康的な状態に維持しておくことを目的にしているため、爪の状態を調べておく事はネイルケアの技術の向上に必ず役立ち無駄がないといえるでしょう。 健康的なお肌の新陳代謝は28日毎のサイクルになっており、日々刻々と肌細胞が生まれ、日々刻々と剥がれています。

このような「毎日の生まれ変わり」のおかげで私たちのお肌は若々しさをキープしています。

コメントする

このブログ記事について

このページは、cocoroが2014年1月20日 23:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミュゼの口コミを聞いたら、やっぱり行きたくなった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。